PCゲーム日和

主にFF14、SteamのPCゲームレビューやオススメ情報などを載せています。

DarkestDungeon レビュー、感想など

f:id:toshi833:20170322234623p:plain今回はSteamにあるローグライクRPG、DarkestDungeonについて

ストーリーは、なんかどっかの領主様がクッソ怪しい門を見つけて

暇だから門を開けたら名状しがたきものがたくさん出てきてしまい、この地方は魔物溢れる呪われた地になってしまった!「息子よ助けてくれ!」といった感じ

しょうがないので息子はろくでもない冒険者達を募集してこの地をなんとかしようとする話しだったと思う

戦闘はターン制コマンドバトルでダンジョンは横スクロール型、ハクスラ要素もあり

f:id:toshi833:20170322235735p:plain

またゲームの珍しい特徴は「ストレス」というステータスがあり、そこも考えなくてはならない。

ダンジョンで罠にかかる、空腹なのに食料がない、魔物に汚物をぶっかけられるなどをされるとストレスがどんどん上がり、一定値まで上がると発狂する。

そうなると仲間に暴言を吐き、回りのストレスを上げたりコマンドを受け付けなかったりする。

それでもストレスを上げ続けると最悪死ぬ。

 

   

そうなる前にパーティのストレス管理をしないとならないのだ!人間はストレスを与え続けたら死ぬ、当たり前だな!

f:id:toshi833:20170323001105p:plain

冒険者達にはいくつかの職業があり(例:クルセイダー、巫女、バウンティハンター)

それらは好きなように組み合わせて4人パーティーを組み、ダンジョンを攻略していく

仕事の報酬や洞窟の宝を使い、町の施設や装備、スキルを強化していくという流れだ。

これだけで一見おもしろそうに見えるが本当におもしろかった( ^ω^ )

なお発狂したり病気になったりすると一応治療できるが、治療費が高いので弱かったら解雇!

つまり見捨てて新しい冒険者を雇ったほうが遥かに安く済むので、散々こき使って

ダメになったらポイっというダークなやり方が効率的。

なお難易度はかなり高く理不尽な全滅もあるが、冒険者の育て方やパーティの組み合わせでかなりの戦略性が生まれる。

そのため何度もリトライしやっていく内に多くの発見があり、飽きがあまりこない。

あとダークファンタジーなのでその辺の雰囲気もたまらぬ一品でありました。

つまりオススメ

あと今作は英語です。

日本語化MODあり、MODやDLC情報は下の記事にあり

www.toshigame.site