PCゲーム日和

主にFF14、SteamのPCゲームレビューやオススメ情報などを載せています。

FF14 赤魔道士 LV70に到達したので、スキル回しを考察ver4.0

ver4.0

f:id:toshi833:20170623012414p:plain

ついにLV70に到達したので、赤魔道士にスキル回しを考えてみました。

ホワイトマナ→WM

ブラックマナ→BMと記述しています。

 

アクセラレーション

  ↓

ジョルラ

  ↓

フレッシュ、コントルシクスト

  ↓

ヴァルエアロ

  ↓

コル・ア・コル

  ↓

ヴァルストー

  ↓

デプラスマン

  ↓

ヴァルサンダー

  ↓

Procした場合はヴァルファイア、しなかった場合はインパク

  ↓

サンダーやエアロを使いWMとBMを40超えまで貯める

  ↓

マナフィケーション、エンボルデン

  ↓

エンリポスト

  ↓

コル・ア・コル

  ↓

エンルツヴェルクハウ

  ↓

エンルドゥブルマン

  ↓

デプラスマン

  ↓

ヴァルホーリーorヴァルフレ

 

以降は黒魔法、白魔法をバランス良く使い、WMとBWを80以上まで貯め3連コンボ→ヴァルホーリーorヴァルフレアを繰り返す。

Proc運の左右される為、どうしても確定スキル回しみたいなものが存在しないので、その場の流れで考えながら動かなければいけないのが難しくも楽しい所。

 

   

連続魔は基本、サンダーかエアロに使う事、それ以外に使うと勿体ない。(WMとBMが両方とも37~39の場合にジョルラかインパクトに連続魔を使い→マナフィケーション→3連コンボもありだと思うが、滅多にないのであまり考えなくて良いと思う)

連続魔とは詠唱時間を有する魔法を実行すると、自身に付与される。

つまり、なんかしら詠唱魔法を使った後は必ず無詠唱で魔法が使えるという事を覚えておくと楽になる

 

ヴァルホーリーはBMがWMより高かった場合に使うと、Proc率100%でヴァルストーンが使える。

ヴァルフレアはWMがBMより高かった場合に使うと、Proc率100%でヴァルファイアが使える。

両方共3連コンボ後にしか使えないので、コンボ中にどっちのマナが高いか確認しておくと良い。(BM、WMが同じ場合は好きな方を使う)

 

デプラスマンは後ろに飛ぶ距離が結構長いので、注意しましょう。(ドヤ顔で使って穴に落ちた時がありました)

 

インパクトは、なにもProcしなかった場合にジョルラの上位版として使う、運良くProcしまくったら別に使わなくても良いと思う。

 

フレッシュ、コントルシクストは強力だが物理攻撃なので、エンボルデンの効果が乗らないので、リキャ毎にぶっ放してるだけで良いと思う。

 

ヴァルケアル、ヴァルレイズは状況次第でうまく使っていこう、迅速にPTを立て直せる時がある。(基本はDPSなので、あまり乱用するものではない)

 

範囲戦、大量の敵がいた場合はスキャッター連射、マナが貯まったらエンムーリネで良いと思う。(コントルシクストも混ぜるとなお良い)

 

ロールアクションはディヴァージョン、ルシッドドリーム、迅速魔、マナシフト、アポカタスタシスを取っています。

魔法のヘイトが高く、タンクからタゲを取ってしまう場合があるのでディヴァージョンは良く使っています。

 

現状はこんな感じでやっています、木人叩きながらもっと良いのがあれば変えていきたいと思います。

 

少し修正版

  ↓

www.toshigame.site