PCゲーム日和

主にSTEAM,PS4ゲームレビューや攻略・オススメ情報などを載せているゲームブログ。

Lobotomy Corporationの紹介、異形の化物を管理するローグライクシュミレーション

スポンサーリンク 

f:id:toshi833:20180415151055j:plain

Lobotomy Corporation(ロボトミーコーポレーション)

アブノーマリティという、異質な物体や人を管理し、エネルギーを得るのが目的のローグライクシュミレーションゲーム

Steamで配信中、現在製品版。

 

システム

職員を雇い、アブノーマリティを管理しエネルギーを採取、1日の目標エネルギーに達したらクリア、次の日に向かう。

・日に日にアブノーマリティの数が増え、管理が難しくなってくる。

・アブノーマリティには、様々な種類があり、管理方法が違う。

管理方法をミスすれば、即死もよくあるので、リトライが多くなる。

エネルギーを使い、管理方法の情報の開示や、専用の武器防具を作成する事が可能

f:id:toshi833:20180415152203j:plain

・ゲームはリアルタイムで進行する、2DのRTS風だが、一時停止ボタンはある

・難易度が高く、初回プレイではまず詰む。

わからない事が多く、職員があっちこっちで発狂したり即死したり、アブノーマリティが脱走したりと地獄絵図になる。

・周回プレイ前提、最初からやり直しても、アブノーマリティの情報や武器防具を引き継ぐ事ができる。

・職員のステータス上げや武器防具は、試練による敵の襲来やアブノーマリティの脱走の鎮圧に使う。

・武器の種類も多い。

剣・斧・槍・銃・大砲等。

 

良い所

・様々なアブノーマリティがあり、最初は未知の存在だが、試行錯誤する内に管理方法や有効利用方法が、段々とわかってくる過程が楽しい。

図鑑もあり、ショートストーリーも楽しめる。

見ていく内に愛着も沸いてくるのも出てくる。

f:id:toshi833:20180415154559j:plain

 

悪い所

・試行錯誤が楽しいのだが、初見殺しが多く、リトライ数は多くなる。

絵柄はカワイイが、ゴア表現はかなりきつめ、苦手なら注意。

 

感想

・やはり最大の特徴である、アブノーマリティの魅力が大きい。

個性が強く、多様な設定は見ているだけで時間が飛ぶ。

1つ調べ終わって、次のがまた知りたいという、知的好奇心が抑えられなくなる不思議な魅力がある。

・序盤の難易度が低いが、少し進むとこのゲームが如何に難しいかが見えてくる。

難易度が高く、死に覚えゲーなのは好みが別れる所でしょう。

・自分で調べ、試行錯誤しながら進んで行くのが楽しい方には会う。

式日本語対応済み。