ロマサガRS デバフは重複する(能力低下系のススメ)

スポンサーリンク

ロマサガRSのデバフ関係の重要性について書きました。

デバフは重複する

デバフとは、能力低下系のステータス異常の事で、他えば「流し斬り」は腕力低下(小)の効果がある。

それを何度もやる事で、効果が蓄積されていくので、強力な攻撃を持つボスの攻撃をかなり下げる事ができる。

f:id:toshi833:20181227193419p:plain

仮に腕力が1下がるとしたら、2人でやれば1ターンに2下がり、それを2ターンやれば4下がるという事

何度やっても表記上は変わらないが、腕力を下げれば明らかにダメージは変わっている。

・ 特にボス戦ではよくわかる、流し斬りやサブミッションを連射すれば、強力な攻撃も耐えれる様になっている。

(下げれるステータス限界値があるかもしれない)

一気に2段階低下させるキャラがいる

例、アビリティ腕力低下も持ったキャラが流し斬りを使う。

そうすると、アビリティ腕力低下と流し斬りの腕力低下が同時に1ターンに入る。

Sカタリナ、SSボクオーン、Sジャンヌ等がこれに入る。

デバフ持続は2ターン

大体デバフ系の持続は2ターンぐらい、それまでにデバフを更新しないと回復してしまう。

そうなると最初から下げ初めなければならないので、それを考えながら行動する。

デバフは一定確率で入る

流し斬りが完全に入っても、腕力ダウンが入らない時はある。

そういう時はたぶん、運が悪い・技Rank・知力が低い、辺りが可能性としてある。

(技Rankがデバフや状態異常の確率に関係してるは不明)

その為、敵とキャラとのステータス差が大きすぎると、中々入らない事が多いので、ある程度は育てないと役に立たない。

デバフの種類

腕力低下

殆どの物理攻撃力に関係、下げればダメージを減らせる。(剣・大剣・斧・体術・槍・棍棒等)

重要度が高く、ボス戦等で使える。

流し斬り・サブミッション・骨砕き等が重要視されているのではこれが理由。

体力低下

物理防御力に関係している、下げればこちらが与えるダメージが増える。

素早さ低下

先手や格闘の攻撃力の関係、下げれば先手を取りやすくなる・体術のダメージも減らせる。(何故か相手の命中率も減らしてるらしいがバグぽい)

器用さ低下

物理攻撃の命中率に関係、小剣・弓・銃の攻撃力もこれ。

知力低下

術の攻撃力に関係、下げる事で術系のダメージを下げれる。

精神低下

術防御力に関係。

www.toshigame.site

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)