帰ってきたスタイリッシュアクション「Devil May Cry5」レビュー

スポンサーリンク

シングル用、3Dスタイリッシュアクション。

もの凄く久々の新作スタイリッシュアクション、デビルメイクライ5。

PS2の1から4SE、DmCもやってきたが、無精ひげをはやしてダンテが帰ってきたので嬉しい限り。

1番若い3から見ると、かなり歳を取ったがノリはそこまで変わってない。

今作も3路線の、コンボをバリバリ打ち込むタイプでスタイリッシュに決めてくれる。

・因みに今作の主人公は4から続投のネロ。

ステージ制、3Dスタイリッシュアクション

カッコイイアクションが豊富!

やはりスタイリッシュアクションというからにはこれ、プレイヤーキャラ3人いるが、どれも綺麗でカッコイイアクションが大量にある。

それらを上手く組み合わせて、綺麗にコンボで決めるのが本作の特徴でしょう。

あまり考えなくても元の動きが良いので、それなりにカッコヨク動けるのも良い。

しかしコンボの組み合わせはかなりあり、上級者はもはや異次元を動きをする。

クリアした後も、自己満を追求してスタイリッシュなコンボ練習をするのも良いでしょう。

コンボ動画を投稿している上級者達もいます。

 

残りはいつも通りのシステム。

・ステージクリア型、敵を倒していきステージのボスを倒したら終わり。(探索要素有)

・金(レッドオーブ)を溜めて、HPや技を強化。

・死んでもゴールドオーブである程度コンティニュー可能。

・ブラッディパレス有(延々と戦闘し、進んでいくモード)

とにかくアクションだ!アクションが素晴らしい

キャラのアクションを覚え、組み合わせて戦い続ける。

豊富な種類の為、プレイ方法が人其々であり、敵の攻略に対しても多くの種類がある。

特にダンテの操作性は4に比べて格段に良くなっており、スタイルチェンジやエネステがやり易くなっているのは嬉しかった。

今時のアクションゲームにしては硬派なつくりなので、キチッと敵の動きを回避して技を打ち込んでいこう。

やればやるほど自分が上達したのがわかり、楽しくなっていくアクションゲームの醍醐味がここにある。

最後に

アクション共にグラフィック・ストーリー・サウンドも楽しめた。

・ストーリーは過去作をやっていないと?な部分がちょくちょくある。(一応過去作ストーリーの概要は見れる)

・オンラインCOOPがあるが、実験的な物で全く期待してはいけない出来。

シングル専用と思っていい。

またステージが似たり寄ったりな物が多く、イマイチな部分もあった。

しかしシリーズファンなら楽しめるでしょうし、またシリーズをやった事がなくとも骨太なアクションゲームを求めているのならばこの作品をオススメできる。

中二的なスタイリッシュアクションを満喫できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)