[FF14漆黒]忍者のスキル回しを紹介[5.1]

スポンサーリンク

5.1で大幅に仕様変更され、忍術の威力が大幅に上がりました。

また忍術がインスタント化され、GCD中に打てなくなりました。

単体スキル回し

研究中、もうちょっと六道を上手くいれたい所。

開幕の騙しに分身と忍術全部入れたいが、難しい。

風遁・かくれる→水遁→ぶんどる→ 双刃旋 → 風断ち→分身・活殺→旋風刃→騙し・夢幻 →氷→終撃→影牙→天地人→命水→雷→六道→雷→ 双刃旋→風断ち→六道→旋風刃

風遁、かくれる事前準備
水遁
ぶんどるGCD
双刃旋
風断ち
分身、活殺自在GCD
旋風刃
だまし討ち、夢幻三段GCD
氷昌乱流の術
終撃GCD
影牙
天地人(GCD)、手裏剣→雷→水遁
命水GCD
雷遁
六道輪廻GCD
雷遁
双刃旋 (騙し討ち終了)
風断ち
六道輪廻GCD
旋風刃

最初をもう2~3WS分遅らせると、きっちり旋風刃と六道がもう一個入りそうだが、最初の騙しが結構遅くなってしまう。

忍術優先度

だまし討ち、命水の優先度が高いので、水遁がかなり多めに使われる事になる。

だましと命水の両方が20秒以内に使えない場合のみ、雷遁。

命水のリキャが伸びたので雷の頻度が増えました。

騙し討ち中は忍術多め

個人的なやり方ですが、今回から忍術の威力が増えたので出来るだけ騙し中に忍術を撃った方が良いと思います。

だまし討ち・夢幻三段・活殺自在はセットで運用。

忍気

分身>六道or蛙

分身は強力、基本的にはだまし討ちに合わせるようにする。

単体は六道、範囲は蛙を使うようにする。

ボス戦では基本的に溜まったら六道。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)