[FF14漆黒]忍者のスキル回しを紹介[5.08]

スポンサーリンク

「注意」5.1で大幅に仕様変更予定、現在のスキル回しが多きく変わる可能性があります。

単体スキル回し

風遁・かくれる→水遁→双人旋→ぶんどる・命水→影牙→天地人→双人旋→分身・活殺→風断ち→だまし・夢幻三段→旋風刃→氷→ 双人旋 →終撃・活殺→風断ち→氷→旋風刃→六道(だまし終了)→ 双人旋 →影牙

風遁、かくれる事前準備
水遁GCD
双刃旋
ぶんどる、命水GCD
影牙
天地人、手裏剣→雷→水遁GCD
双刃旋
分身の術、活殺自在GCD
風断ち
だまし討ち、夢幻三段GCD
旋風刃
氷昌乱流の術GCD
双刃旋
終撃、活殺自在GCD
風断ち
氷昌乱流の術 GCD
旋風刃
六道輪廻(ここでギリギリだましが切れる)GCD
双刃旋
影牙

忍術優先度

だまし討ち、命水の優先度が高いので、水遁がかなり多めに使われる事になる。

だましと命水の両方が使えない場合のみ、雷遁。

今回から毒・斬耐性ダウンが無くなったので風魔手裏剣は死んでいます。

その為、手裏剣は天地人以外では使わない。

・水遁、雷遁ばかり使うので、GCD中によくはみ出ます。

それが気持ち悪くてプレイフィールが悪いとよく言われてるのが現状だが、5.1で修正予定。

2分おきにバースト目指す

個人的なやり方ですが、分身を主軸にバーストが出来るように調整してる。

分身、活殺→WS→だまし討ち、夢幻三段→WS→氷昌。

だまし討ちと夢幻三段はセットで運用。

忍気

分身>六道or蛙

分身は強力、基本的にはだまし討ちに合わせるようにする。

単体は六道、範囲は蛙を使うようにする。

ボス戦では基本的に溜まったら六道。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)