AOE3DE

AOE3DE 攻略インドの強さや立ち回りを紹介(初心者向け)

2020年11月21日

ここではAOE3DEのインドについての私的な戦術を載せています。

アーグラ城塞が割と強い

2に進化する時に建てる事で真価を発揮、長射程の大砲を放ち範囲攻撃を与える。(派手なエフェクトだが実はそこまで攻撃力は高くないので過信しないように)

簡単に強力な前線を構築する事が出来るので、相手の行動範囲を狭め、圧迫感を与える事が出来ます。

またアーグラ城塞ではユニットの生産が出来るので、生産して直に戦闘が可能。

ホームポイントの移送先にも指定出来る為、上手くメインの戦場にしたい。

・修理する事は出来るが、粉々になったら二度と建築出来ないので大事にしましょう。

ここに兵士を全て置くと、騎兵が迂回して本拠地に攻められる可能性が高いので、少し兵を置くか徴兵でなんとかしましょう。

インドは町の中心で徴兵を2回行えるのも強み。

・時代が進むと強化可能。

・町の中心付近に建てるのもアリ。

アーグラ設置手順

この辺りは人によってマチマチですが、私の適当手順。

・町人が10人になるまで全員で木を伐採(家は1つ建造)

・町人生産キューに10~11入った時点で全員で狩猟して食料800溜める。

・町の人1~2人でアーグラを建築。

・アーグラを建築開始したと同時に6人で木を伐採、食料は4人、人が出来次第、金に少し振る。

・セポイ5人もしくは、ソワル4体のカードを引く、ソワルで荒らしがし易いが脆いので直に死ぬので注意。

・同時にセポイかグルカの数体生産。

相手の編成によってセポイかグルカか決める。

歩兵の強み、セポイ・グルカ・ウルミン

・セポイ(重装歩兵)、マスケタイプでHPが少し高く扱いやすい、メイン兵種になる事が多い。

・グルカ(軽歩兵)、スカミタイプだが2の時代から出せるのが強み

2の時代で重装歩兵を引き撃ちすれば圧倒出来るが、騎兵がきたら死ぬので護衛は付けましょう。

序盤はセポイとグルカで大体対応できます。

・ウルミン、カードでしか呼べない上半身裸で鞭状の剣を持つ兵士。

敵陣に突っ込み、鞭による範囲攻撃でガッツリ削ってくれるので強い。

騎兵、ソワルとザンブーラキは脆い

・ソワル(重騎兵)、歩兵に対して強いが脆いので気付いたら損害が多い事がある。

・ザンブーラキ(軽騎兵)、2の時代から出せるアンチ騎兵の騎兵。

序盤から高速で騎兵に対して強気に仕掛けられるし、荒らしにも対応できるが脆いので注意。

グルカとザンブーラキの引き撃ちは強い。

ゾウは強いがコストが高い

ゾウはHPが高くて強力ですが、人口コストも生産コストも高いのであまり使う事が無いです。

個人的にはシージエレファントが好きで使っています。

・シージエレファント、キャノンをつけたゾウ、建物や砲兵に対してダメージを出せるが、歩兵に対してダメージが低い

敵のファルコも遠くから狙えたり、要塞を数体で直に破壊出来るので強力、HPも高い。

大量にいる必要は無いが少しいると便利。

町の人は木で出来ている

町の人は木で作るので、他の文明と違って資源管理が少しめんどう。

次の時代や軍事ユニットには普通に食料を使います。

その為、食料や金はほぼ全て軍事ユニットに突っ込めるので、この辺りは楽かもしれません。

最後に

アーグラを使った前線の戦術は強いんですが、本拠地を狙われると一気の辛くなります。

(アーグラの火力も耐久力も実は微妙で見た目に騙さてる感)

割とよくある手法なので、予想されて対策を取られる可能性が結構あります。

私自信、まだまだなのでもう少しインドを煮詰めていきたいですね。

-AOE3DE

© 2020 PCゲーム日和 Powered by AFFINGER5