DOOM3:BFG editionレビュー・感想、ホラーFPS 暗い火星基地でのデーモンとの闘い!

スポンサーリンク

概要

ほぼシングル用FPS。

最新作DOOM eternalや初代DOOMとは違い、動き回るものとは違い火星を探索するホラーFPSとなっている。

DOOM3HD版、さらにDOOM1・2、3拡張もついておりボリュームたっぷりのDOOM詰め合わせ作品。

お化け屋敷タイプのホラーFPS!探索しながら火星基地を進め!

暗く広い火星基地、至る所にデーモンがおりそれらは唐突に襲ってくる。

何故そんな所に!?というパターンが多くドッキリの形が多い。

・ストーリーに沿って進み、途中途中にPDFが落ちており音声ログ・メール等からその場所の背景がわかるようになっている。

ストーリーを深く知る事ができ、また物資棚の暗証番号が書いてあるパターンも多いので読んだ方がオススメ。

・今作は火星基地を探索しながらストーリーを進める形になっており、一応ステージ毎の区切りがあり進むと戻る事は出来ない。

多種な武器は健在!好きな武器をぶっ放せる

今作はホラーFPSとなっているので、今までのDOOM程の敵数は出てこない。

狭く暗い室内での戦闘がメインだが、弾は結構余裕がある作りになっている。

今までのシリーズ同様、ハンドガン・ショットガン・マシンガン・チェインガン・プラズマライフル・グレネード・BFG等のいつも通りの武器が一通りそろっており、銃を撃つ楽しさというは健在である。(リロードシステム有り)

・スーパーショットガンはDLC・Lostmissionのみ使用可能。

常に暗く狭い場所での戦い、緊張感の連続

基本的に似たような風景の火星基地、暗く狭い場所での戦いが多い。

また常にデーモンがどこから出てくるか分からず、緊張感のが続く内容になっています。

ホラー苦手・ドッキリが苦手な人は結構精神が削られるかもしれないので注意しましょう。

相変わらず敵の攻撃は避けれる、上手く避けながら戦おう。(一部回避不能)

・相変わらずのグロ有り。

・主人公は海兵なので、DOOMeternalのようにデーモンを引きちぎったりは出来ない。

・ライトはBFGeditonなら無印と違い、何時でもつける事ができるが、直切れる。(多少強化可能)

ボリュームたっぷり、3作詰め合わせ作品

このDOOM3だけでも本編が長く、さらにDLCミッションと追加ミッションがありボリュームに問題はない。

・DLCストーリーにはさらに敵の弾は弾くグラバーガン、魂を吸収してスローになる能力も獲得できる。(バレットタイム・スロモー等と同じ)

・さらにDOOM1・DOOM2付き(レトロ作品なので好き嫌いは出てくるかも)

MODもあり、高解像に加え銃の射撃音・弾倉も変化

Doom3 BFG UltimateHDと言われるMOD。

さらなる高解像度と銃撃音の変化があり、楽しむ事ができる。

・特にチェインガン・プラズマライフルの変更は個人的にかなり好き。

・武器特性変化のせいで、敵の武器も変化している。

・ライトの持続時間を超強化されている。

https://www.moddb.com/mods/doom-3-bfg-ultimate

最後に

ドッキリホラーとしての要素が強く、DOOM・DOOMeternalが好きな人には少し注意が必要な作品だが、弾は結構あるのでホラー特有の銃弾が少なく事はあまり無いです。

また相変わらず地獄がり、その辺りから従来の敵を撃ちまくり方式に変わってくる。

ホラーFPSとしては割と楽しいものの、従来のDOOMとしては好き嫌いが別れそうな作品ではあります。

・日本語対応、吹替対応。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)