Bloodstained:Rotn 攻略 アクション レビュー

「Bloodstained:Rotn」レビュー 待望のIGA新作メトロイドヴァニア

2019年9月25日

概要

シングル用、メトロイドヴァニア、アクションRPG

IGAの新作、悪魔城奪われた刻印から待っていたファンは数多く、私もその内の1人。

名前は違えど、これこそ待っていた悪魔城の新作だ。

ついに発売したメトロイドヴァニア系の新作

メトロイドヴァニアとは、探索2D型のアクションの事を指す。

主にメトロイドや悪魔城ドラキュラ月下の夜想曲(キャッスルヴァニア)等が語源であり、この手のタイプのゲームはメトロイドヴァニアと良く言われている。

このIGAさんは月下の夜想曲~奪われた刻印ぐらいまでのプロデューサーをしており、久々の新作なので期待されていました。

こういうのでいいんだよ、いつもの城を探索する2Dアクション

bloodstained ブラックパンサー

広大な2Dフィールドを探索しながらストーリーを進めていくタイプ。

もう悪魔城シリーズの月下以降をやった事がある人なら説明不要、ほぼいつものあれです。

戦闘は2Dアクション、RPG要素も多くレベルアップ・武器防具装備・アイテム・料理・クエスト・合成等、よくあるシステムは一通りそろっている。

・レベルアップシステム、至って普通の敵を倒して経験値を得るシステム

・武器防具、装備して能力を上げるが武器は種類によって動きが違うので好みの武器で戦える。(一部、バランス崩壊武器がある)

・料理、食べると永続バフがつくので出来るだけ作って食べる。

・帽子・髪型等、一部見た目が変わる装備もあり。

bloodstained 装備画面

さらにシャードシステムという、敵の能力を奪い使う事ができるシステムがある。

様々な敵の能力をセット・カスタマイズして収集・使用する事もできる。

(暁の円舞曲・蒼月の十字架のソウルシステムと同じ)

・主人公ミリアムの見た目変更システムもある。

あと何故かショベルナイトもいる。

名前は違うがほぼ悪魔城の新作、雰囲気が完璧

bloodstained 赤い月

完璧に悪魔城の雰囲気がでている。

月下の夜想曲が好きだった方は、違和感無くプレイできるでしょう。

城の入り口、美しい音楽、大量の武器防具・無駄に多い料理、変態ムーブ等、悪魔城ファンの待ちに待った作りになっていて最高の出来になっている。

またNPCの中にラルフ・リヒター・サイファ等のちょっと大丈夫か?と思うような名前があるのも良い。

難易度はサクサク、初心者でもプレイし易い

雑魚戦は難しくなく、ボス戦は良く見て動けばなんとかなる。

難しかったらレベルアップしたり、アイテムのゴリ押しもある程度効くので2Dアクション・メトロイドヴァニア入門にもオススメできる。

(一部ストーリー進行に分かりにくい所がある)

・簡単な人にはハードモードがオススメ。

・主人公のミリアムは刻印のシャノアのようなクールぽい見た目をしているが、結構無茶苦茶な事をする。

レトロ風2DBloodstainedもあり

悪魔城伝説風の2Dアクション、Bloodstained: Curse of the Moon も存在、2まで出ており、両方共古き良き2Dアクションの良さを盛り込んだ良作アクションでした。

本編とは違いメトロイドヴァニアではなく、ステージ制ですが、多数のキャラが使え、場所・敵によって使い分けて遊ぶ事が出来る面白アクション。

主人公は斬月であり、ミリアムも仲間になります。

最後に

長い間待っただけの事はあり、メトロイドヴァニアの良作でした。

月下以降の悪魔城ファンなら楽しめるでしょう。

悪魔城やメトロイドをやった事がない方でも、やり易い作りになっているのでオススメできる逸品です。

日本語対応、DLC予定。

-Bloodstained:Rotn 攻略, アクション, レビュー

© 2020 PCゲーム日和 Powered by AFFINGER5