産業革命のロンドンが舞台「アサシンクリードシンジケート」レビュー・感想

アサシンクリードシンジケート
スポンサーリンク

オープンワールド、シングル専用。

今作は双子の姉のエヴィー、弟のジェイコブが主人公で、今までとは違い割と明るいノリの物語。

苗字がフライなので、姉がエヴィーフライになってしまっている。

19世紀ヴィクトリア朝のイギリスが舞台、産業革命の街並みが再現

ロンドンで双子のアサシンが、テンプル騎士団と戦う。

アサシンクリード何時もの物語だが、今作は明るい内容となっている。

産業革命というだけあって、何処もかしこも工場が多く、廃棄ガスもバンバン出しており、テムズ川も船で一杯だ。

アサシンクリードシンジケート ロンドン

街には汽車が走っており、駅には人が沢山いる。

そんな霧の街を美しも上手く再現されたオープンワールドであり、割と入れる建物も多く個人的にかなりツボなゲーム。

ビックベンも綺麗に再現、かなり綺麗で廃棄ガスもモクモクだ。

アサシンクリードシンジケート ビックベン 

・道はいくつもの馬車が通っており、馬車に乗りながら移動もできる。

ステルス・戦闘のバランスが良く、テンポも良い良作

何時でもしゃがめるステルス

今作からついにステルスボタンでしゃがむ事が出来るようになる

やはりステルスゲームならしゃがみ・しゃがみ移動・カバーはしたい、それがやっと綺麗に出来るようになったのだ。

しかもステルスモード中にだけフードを被るという事になり、通常移動時はフードを被らない。

アサシンクリードシンジケート ステルス

これのお陰でアサシンっぽさが増して非常にグッド、ステルスがやり易くなってステルスプレイが楽しくなりました。

スピーディーな戦闘

前作ユニティとは打って変わって、スピーディーな戦闘になりました

ちょっと速すぎてリアリティには欠ける動きだが、テンポ良く綺麗な動きでコンボを決めるのは、楽しくもクセになる。

またスタン状態で一気2人3人とフィニッシュムーブが格好よく決まるので、見ていて楽しい。

アサシンクリードシンジケート フィニッシュムーブ 戦闘

カウンターも前作に比べて弱体化し、ガン待ち戦法では勝てなくなってるのが良く、しっかりと攻撃や回避も重要な戦闘になっている。

何処でも快適に登れるロープランチャー!

現状前にも後にもこの作品しかない機能、ロープランチャー。

アサシンクリードシンジケート ロープランチャー

なんとロープを射出して素早く上まで登れてしまう優れもの、さらに建物と建物の間をロープで繋いで渡る事も出来る為、街中を縦横無尽に駆け巡る事が出来るようになって非常に快適になりました。

もう高い所どこでもスッと登れる為、楽でしょうがない。

しかも通常の登りもかなりスムーズに動くようになり、通常移動も快適になりました。

・時代設定のせいなのか、これ以降のオリジンズやオデッセイには無いのが悔やまれる。(快適過ぎて登る楽しみが削がれる気もするが、私は好き)

スキル制・カスタマイズ機能は健在

今作もスキル制であり、メインミッション・サブミッション等、様々な事をするとスキルポイントが貰え、スキルを振る事でレベルが上がっていく。

・今作は双子が主人公なので、スキルも別々。

姉のエヴィーがステルス得意、弟のジェイコブが戦闘得意で取得できるスキルが微妙に違う。(姉は止まってる間に光学迷彩出来るようになる)

カスタマイズ機能で武器・ガントレット・衣装等が変更可能。

全てにステータスに違いがあり、ソコソコ戦闘に差が出てくるので、定期的に装備更新しておいた方が楽になる。

・今作は19世紀なので、堂々と剣や斧を持ち歩く事は出来ない時代なので、時代にあった武器になっている。

ナックル、素早くパンチ出来る、動きが速い。

仕込み杖、中に刃物を仕込んである剣。

ナイフ、殺傷能力の高い短剣、投げナイフもあり。

、この時代だとリロードも早く弾倉も結構ある。

大物にはユニークキル、専用の暗殺方法がある

一部のテンプル騎士団を暗殺する場合は、ユニークキルという専用のムービーが出る暗殺方法がある。

其々条件があり、条件を満たす事で発動。

また別にそれをやらずとも、普通に倒す事も出来るので、狙えるならやってみると面白い。

狙うにはルート等を結構上手く考えなくてはならないので、考えるのも結構楽しい。

ユニークキルは前作ユニティにもあったが、今作の方が種類は増えている。

DLC切り裂きジャック

本編とは全く変わって暗い陰湿なストーリー。

完全に別枠で、本編クリア後のおばさんになったエヴィーが主人公であり、ジェイコブは操作できない。

ロンドンを恐怖に陥れた連続殺人犯、切り裂きジャックをアサシンに絡めているお話し

・エヴィーがメインだが、切り裂きジャックを操作できるパートも幾つかあり、惨殺プレイが可能。

アサシンクリードシンジケート 切り裂きジャック

最後に

全体的に上手くまとまっており、明るめで難易度もそこまで高くないので遊びやすい作品。

これといって悪い所も無く、個人的にかなり好きなアサクリなのでオススメ。

これ以降のアサクリは大幅に変更され、ウィッチャーのようなオープンワールドRPGタイプに変わる。

・私はシンジケート、4、オリジンズが好きです。

アサクリシリーズリンク

独立戦争時代のアメリカを描くオープンワールド「アサシンクリードⅢリマスター」レビュー・感想

3種の変装を使い分ける女性主人公「アサシンクリードレディリバティ」レビュー

カリブ海で海賊三昧「アサシンクリード4」レビュー・感想

フランス革命が舞台、ステルス寄りの異色作「アサシンクリードユニティ」レビュー