Doom eternal 感想・レビュー、大量の弾丸を撃ちこみデーモンを倒せ!

スポンサーリンク

概要

シングル・マルチ両方あり、シングル寄りのスポーツ系FPS。

FPSの金字塔DOOMの新作、今作もデーモン相手にドゥームスレイヤーが奮闘する。

・ストーリーはあるが、最初は地球がデーモンに侵略されてるので倒す。

程度の認識で十分。

ラン&ガン!走りながら撃ちまくれ!

走りながら敵の攻撃を避けつつ撃ちまくるスタイルのFPS、隠れながら撃ち会うのではなく、スピード感重視で多種多様の武器を使い分けデーモンを叩きのめすのだ!

止まったらデーモン達にボコボコでされる、マップギミックやスレイヤーの力を使い飛び回りながら戦う高速戦闘シューター。

基本的にリロードは無し、持てる弾の数だけ撃てる。(スーパーショットガンはリロード有り)

銃器や腕力でデーモンは粉々になり爽快感抜群!

ここまでグロ要素多めだとむしろギャグに感じてくる、というぐらい武器で粉々になるし、さらに主人公ドゥームスレイヤーのグローリーキルというフィニッシュムーブで無理矢理引き裂かれるデーモン達、もう滅茶苦茶である。

多種な武器と武器MOD、スーツの強化要素や探索要素もあり

多種の武器があり、それらには全て特徴がある。

また敵には弱点もあるので、それを突くために使い分けも必要。

サウンドはノリノリでグラフィックは綺麗

やはりDOOM、前作や初代に引き続き、ノリノリのサウンドでデーモン達とのバトルが楽しめる、グロはあるもの3のようなホラー要素はなくトコトン戦闘を楽しめる。

またグラフィックも良く、敵の弾やアイテムの非常に分かり易いようになっている。

以外にも頭は使った立ち回りが必要、撃ちまくるだけでは勝てない

一見無双ばりに撃ちまくって勝てる物かと見えるがそうではない、真面目なリソース管理をして戦う必要があり、難易度は高い。(上手く動けるようになるとガンガン倒せるようになる)

ドゥームスレイヤー自体の体力はかなり脆く、トロトロしてるとボコボコにされてしまう。

グローリーキルで回復・火炎放射でアーマー・チェーンソーで弾薬補充など、このゲーム特有のリソース管理が必要になってくるトライ&エラーが前提の戦闘。

最後に

かなり優良なスポーツ系FPS、頭を使った立ち回りに派手な武器とやられ方。

ストーリーのゲーム内文書を読んでみると以外と凝った設定なのだが、普通にやってたら正直よくわからない。

主人公も黙々とデーモンを倒しているだけなので、アクションゲームのテンポと楽しさを追求された出来になっている。

ここまでシングルに力を入れたFPSは、最近あまり無く珍しいのでシングルFPS好きなら買い。

ただグロが多いので、苦手な方は注意。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)